Amazon AI音声サポート「Amazon Echo」「alexa(アレクサ)」の便利な側面と現状の問題点を知っておく

この記事を読む所要時間 : 約3分  サバイバル度 :

ちゃーす さばい部のツナカンです。

ネット通販利用していますかー? ツナカンは結構利用するんですが、最近は特に通販やばいことになってますよね!とにかく早い!なんだこのスピードは!っていうくらい届くのが早いですね。Amazon様。

そのAmazon様が販売している音声で注文等できるAI音声サポートのalexaという商品をご存知ですか?日本では技適がまだとれていないので販売はまだありませんが買う事は可能です。※電源いれて使うと電波法違反になるので違法になってしまうのでお気を付けください。

さてさて、世界では500万台が売れたという話しかけることで、様々なサポートをしてくれるAI搭載スピーカーです。

ん?技適ってなに?

giteki_new ※技適マーク

日本で無線を要する機会を使う時は そして「技術基準適合証明」と「技術基準適合認定」のいずれか、もしくは両方の認証を受けている無線機のみ国内で使用可能となります。その認証マークの事を 技適マークといい、商品には技適マークが付いているのですが、技適マーク表記がないものは使用すると電波法違反になってしまいます。Amazon Echoは認証をとっていないので日本国内では使用してはいけないのです。買えますけど。

日本ではまだ使えないこの商品なんで世界ではこんなに話題になっているのか?その実力と課題をみてみよう!

echo01

Amazon Echo の便利な使い方

・音声でネット通販の注文
・スピーカーなので音声で音楽再生(検索から依頼も可能)
・家電との連携で、テレビの電源や空調の調節など音声で操作可能
・ネット検索(質問事項を話しかけると検索をして回答)

などです。身近なものとして皆さんがすでに使った事がある音声サポートはAppleのSiriですね。 「HEY SIRI」と話しかけると応答し、質問に答えてくれますね。あとはGoolgeの音声サービスもテレビCMをしているので知っている人は多いかと思いますが、Amazon Echoは何が違うのか?というと、SIRIやGoogleは端末に依存しているということです。 そう!Amazonがすごい所はAIとして注文を受け付けたり、他の端末と連動できるという事が一番の未来要素を高めている点でしょう。

気になる価格と日本の発売予定は?

価格 180ドル で現在販売中。 日本での販売価格がかわらないのであれば2万円前後くらいというところでしょう。技適の問題が解決されて日本販売される予定がなんと!今年かもしれません。まだ未定のようですが2017年販売を目指しているという情報があります。

先日話題を呼んだボタン1つで注文可能なAmazon Dashよりも更に未来感あっていいですね!

 

Amazon Echo の課題は?

AIという分野が注目されてまだ間もない期間です。そして進歩しているとはいっても音声認識の理解レベルが、スムーズというわけではないようです。当たり前ですが、指示するコマンドの途中で考え込むようなことをすると正確に情報を伝達できません。
例えば
「Alexa 音楽を再生して そうだなぁ なにがいいかなぁ え~と、・・・・〇〇のアルバム〇〇」 これではAIは理解できないということです。
また、検索ワードなのかという問題もありますが、万能ではないので理解できない物があるようです。すでに購入した家庭で起きた出来事ですが、子供がAlexaにアニメの主題曲を流してと言っているのですが、Alexaは見つかりません。わかりません。という返答。それに対して子供は何回もAlexaにアニメの主題曲を要求します。すると・・・似たような名前のアダルト女優のいかがわしい声の音声を流し始めました。慌てて停止するよう命じたご両親の姿をホームビデオでとっていたものが紹介されていました。 まだまだこの辺は向上させていく必要があるようですね。

ただし!そもそも人工知能というくらいですから、使用していくにつれ声のトーンや発生の癖を学習し聞き取り力が向上したりするという事を考えていけば出たての今はしょうがないのかもしれませんね。

 

echo02

 

そこで!サバイバルポイント!!!

 

Amazon Echo を導入しているとして、例えば泥棒や家庭内暴力などで誰かに襲われている時に、とても急いで電話をするという状況にない事もありますよね。両手がふさがっていたりしたら無理です。しかし!声を出すことは可能かもしれません。そんな時はこう言うだけです。

「Alexa 警察に通報して!」

これで警察に通報してくれるかもしれませんね。

ちょっと費用は張りますが、導入してみるのもいいかもしれませんよ?

 

ではでは家電大好きツナカンでした。 あでゅ~

POINT サバイバルポイント

音声認識で身の回りをサポートしてくれるAIスピーカー!使い方は沢山!防犯にも役立ちそうだ!

Written by: ツナカン

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る