偉人転生マンガ3選|マニアな視点でおすすめする(隠れた)名作ランキング

この記事を読む所要時間 : 約3分  サバイバル度 :

 

あの人が現代にいたらどんなだろう──たとえば、こんなありえないことが経験できるのが漫画の醍醐味の一つ。

というわけで、今回は歴史上の偉人転生漫画3選をご紹介。漫画ならではの自由な発想が、いろいろ難しい今日この頃のストレスを発散させてくれるでしょう。

 

偉人転生漫画ランキング1「新・信長公記~ノブナガくんと私~」

著者:甲斐谷忍

掲載誌:週刊ヤングマガジン→コミックDAYS

出版社:講談社(単行本6巻まで発売中)

 

あらすじ「新・信長公記~ノブナガくんと私~」

新校長による学校改革で進学校を目指すこととなった銀杏高校特進クラスの新入生・日下部みやび。しかし、登校した途端、進学校化に反対する不良たちに捕まってしまいます。そこへ現れたのは、まるで戦国武将・織田信長そのものとしか思えない風変わりな男子生徒。さらに、豊臣秀吉・武田信玄・上杉謙信・伊達政宗のような生徒も次々と登場。

実はみやびのクラスメイトはみんな戦国武将のクローンで、その裏にはある歴史マニアのマッドサイエンティストの野望があったのでした。

 

おすすめポイント「新・信長公記~ノブナガくんと私~」

猛獣もし戦わばというか、あらゆる条件を取っ払ったドリームチームやバトルロワイヤル最強チャンピオンって、誰もが興味あるところではないですか?「スーパーロボット大戦」しかり「ウマ娘」しかり。そういう妄想の戦国武将バージョンを素直に叶えてくれたのがこの作品。

あの武将がこうなるのかという、納得&意外なキャラクターデザインもお楽しみポイントです。

 

偉人転生漫画ランキング2「いいね光源氏くん」

著者:えすとえむ

掲載誌:FEEL YOUNG

出版社:祥伝社(単行本4巻まで発売中)

 

あらすじ「いいね光源氏くん」

働く女のあまたあるなかに、ふつと優ならぬものありけり。──優ならぬもの、それが、雑貨メーカーの企画課に勤める主人公・藤原沙織。

職場のイライラを乗り越えやっとむかえた週末の夜。非日常を求めた沙織は簾をかけお香を焚いてリラックスしようとしていると、簾の向こうから見知らぬ男が・・・男は夜道に迷った平安貴族・光源氏だったのです!

 

おすすめポイント「いいね光源氏くん」

いいことあったらうっかり呟いてしまう・・・140字と五七五七七の違いはあれど、SNSも和歌も似たようなもの。タイムスリップしてきた光源氏くんが抹茶スイーツに感激して和歌を詠む姿に、さすが平安のインフルエンサーだと感心。ちょっとずれてるけど、なんとなく現代に順応して楽しんでいる光源氏くんの姿に、いきいきと生きるために大切なのは感受性だと気付かされます。

光源氏くんのように、豊かな心で生きていきましょう。

 

偉人転生漫画ランキング3「三成さんは京都を許さない―琵琶湖ノ水ヲ止メヨ―」

著者:さかなこうじ

掲載誌:くらげバンチ

出版社:新潮社(単行本全4巻)

 

あらすじ「三成さんは京都を許さない―琵琶湖ノ水ヲ止メヨ―」

現代にタイムスリップし、滋賀県知事の特別秘書となった戦国武将・石田三成。「全国都道府県別魅力度ランキング」で43位となってしまった滋賀県に繁栄をもたらすのが彼の使命!宿敵・京都にお灸を据えるため、琵琶湖の水を止める覚悟で滋賀県の魅力をアピールしようと三成が奮闘する、関西ご当地下剋上コメディ。

 

おすすめポイント「三成さんは京都を許さない―琵琶湖ノ水ヲ止メヨ―」

ご当地漫画とタイムスリップ系転生漫画のハイブリッド。史実・逸話ネタと地元ネタがうまくかみ合いった笑いは、単純に豆知識としても楽しめます。

郷土愛を深めたり旅の気分を味わったり。こんなご時世だからこそ、ローカルな話題を楽しんでみてはいかがでしょうか。

POINT サバイバルポイント

特に歴史に興味がない人でもそこそこ知ってるクラスの人物が登場する漫画を選んでみました。これをきっかけに歴史に興味を持ったら、こちらもどうぞ。

おすすめ!歴史マンガ(日本史編)3選★コロナ禍のおうち時間をサバイブ
おすすめ!歴史マンガ(世界史編)3選★コロナ禍のおうち時間をサバイブ

この記事を書いた人

ダクトテープ

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る