映画『HiGH & LOW』の鬼邪高校に帝王学を学ぶ

この記事を読む所要時間 : 約2分  サバイバル度 :

スラマッ・シアン! さばい部のツナカンです。

団体行動苦手ですか? いつも俺(あたい)は一匹狼!的な感じですか?

本日は集団における帝王学をこれから映画が公開される流行にのって

HiGH & LOWの鬼邪高校を例に考察したいと思います。

ちなみに!HiGH & LOWご存知ですか?

ツナカンは仕事しながら動画を頻繁に流しているのですがHiGH & LOWは

仕事中に見ました。(社長にばれたら怒られる~~)

あくびl
はぁ仕事だるっ

というかHiGH & LOWを見るついでに仕事をしてた?!?あれ?

ある街のギャング達(チーム)の物語です。

今回はその中でも自分が特にひいき目に見ている鬼邪高校に

スポットをあてたいと思います。

先日書いた『闇金ドックス』の記事で主役をやっていた山田裕貴さんが

この高校(チーム?)のTOPを張っているのですが、どうやってTOPに

のしあがったのかというと、普通なら死ぬレベルでの100人組手ならぬ

100発パンチ受け! 痛い!痛すぎる!しかもその後何十人との乱闘。

全員倒すというありえない現状です。

一人で複数人を相手に喧嘩した場合、格闘家でも一度に相手をするのは

3~4人が限界と言われているようです。それでも相当な実力差がない限り

無理とのこと。

Businessmen fighting in the office

でも!こうして鬼邪高校の頭は決まるのです。

さて、なにが帝王学なのか? それは自らの実力を周囲にちゃんと理解

させること。 なっとくさせれる実力を見せれることが出来ているか?です。

皆さんの身近な事に置き換えると・・・

・なんであの人が上司なのか?

・キャプテンなのか?

・責任者なのか?

なっとく行かない事ありますよね。

それはそのリーダーの実力を見ていない・知らないだけなのか、

もしくは

本当に実力がないのに年功序列、社歴が長い、世渡り上手でリーダーなのか。

よくある事です!!!

何かのチーム、グループの責任者になる事があったら団結力、統率力を

しっかりもてるように周囲に自分の力を認めてもらえる働きをしましょう!

注意点が2つ!

・人の功績を奪わない。(できれば裏方、サポートに徹する)

・あからさまにアピールしない。

人の上に立つって本当大変ですね。

 

ちなみに!社長という役職の人(会社のTOP)が全て優秀か?というと

実は違うんです!むしろ社長が一番優秀じゃダメみたいですよ。

正確には優秀な人材を集めれる事、会社に尽くしてもらえる事が

社長としての資質みたいです。 (しらんけど)

 

お気楽が一番~ いえぇ~い! ツナカンでした☆彡

POINT サバイバルポイント

リーダーは背中を見せてこそ人はついてくる

Written by: ツナカン

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る