サバゲフィールド『SPLASH』さんに行ってみた(千葉県)

この記事を読む所要時間 : 約3分  サバイバル度 :

どもー さばい部のツナカンです。

花粉が辛い!辛い!辛い!そんな中でもサバゲはやりますよー

今回は千葉県千葉市にあるSPLASHさんのインドアフィールドで遊んできました。

3月だというのにまだ若干寒く、我々さばい部は戦闘前から暖を取る事に必死でありました。

ストーブをつけていただき、ひとまず暖まります。

ツナカン所属のチームは自由人が多いので定刻通りに集まりません!セーフティゾーンでお菓子やらオニギリやら、ドックフードを食べる時間がスタート前のお決まりになりつつあります。。。

さてさて、久々にやってきましたSPLASHさん!相変わらずホスピタリティ溢れる接客で、あぁ懐かしいと思わせていただきました!

ちょっと肌寒いこれぐらいの時期はインドアゲームをすることが多いのですが、SPLASHさんのインドアフィールドは立体的で、アタッカーにも狙撃の両方が勝負できるフィールドになっているので楽しめます。

 

入ってすぐの感じは2Fの下につくられた迷路になっている通路。

相手陣地にいくときに、忍び込むにはなかなか近接戦闘になるので緊張感あります。

中の入り組んだ迷路のような障害物。 ん?なんか隣で物音がするような気がする・・・

奥に進むと開けたバトルポイントに。ここは2Fからも狙撃される場所なので、立体的な視野と警戒が必要ですね。

入り口とは逆側のサイド通路。まっすぐががら空きなので迂闊に出ると狙撃される可能性が・・・中間地点あたりに1F迷路ゾーンと繋がっています。

さきほどの開けた戦闘区のベースとなる中2階?と3階構造の狙撃ポイント。 3階は人一人分くらいのスペースで小窓から覗けるようになっています。狙撃ポイントではありますが、狙撃されることは警戒済みなので、簡単には狙いをつけれないかもしれないですね。

上記狙撃窓から見たフィールド。 上下を撃ちわけ、味方に指示を出せる人がいると攻め込むのはなかなか厳しいポイントになります。

狙撃手め!撃ちとってやる!とばかりに突き進む時のフィールドの絵です。相手狙撃手の死角となる横から攻め込むのですが、もちろん防御もアツく敵を倒しつつ上からの狙撃にも注意が必要になります。

2階部分。 ここだけでも割と広くハンドガン戦なんかをやっても楽しめます。実際今回はハンドガン戦をここで2ゲームほど楽しみました。

別アングルから2枚

いつ来てもなかなか楽しめるフィールドです。スナイパーライフルを使うにはちょっと取り回しが悪いかなー? サブマシンガン~アサルトライフルくらいの銃が適していますね。

ツナカンはScar-L CQC で今回は遊んできましたよ。

また、遊びにきますね~

 

で!久々に来たらドローン場ができていました。

せっかくなので、サバゲ後にちょっと見学させていただくことに。

ちょうど、ドローンを飛ばしている人がいたので話しかけて見せてもらう事に。

普通に話をしていたのですが、なんと!SPLASHの社長さんでした。

こ、このドローン高性能。

実際に飛ばしてみてもらいましたが、欲しくなりました!!

さらに、その場にいた仲間の方の競技用ドローン。これ時速120キロほどでるとかなんとか・・・

実際こちらも飛ばしていただきましたが。早い!すごい!

 

色々と感動を味わえた1日でした。

社長さんとも記念撮影したのですが、うっかり犬の皮膚を外して人間の姿にもどっていたままの撮影だったので、またの機会に。

 

アウトドアフィールドも充実していますし、定例会などもやっていますので是非SPLASHさん行ってみてくださいね。

また遊びに行かせてもらいます!

 

詳しくはHPでご確認ください!

フィールド紹介にも掲載させていただいてます。

フィールド検索はコチラから

 

サバイバルゲームフィールド SPLASH

千葉県千葉市若葉区金親町498

TEL 043-254-8748

Written by: ツナカン

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る