マンガ『パイナップルARMY』を読んで粉塵爆発を学ぶ

この記事を読む所要時間 : 約2分  サバイバル度 :

皆さん、粉塵爆発、やってみたくないですか?

 

にちわー、ワセリンです。

 

僕が、この現象を初めて知ったのは、

 

「パイナップル ARMY」(作:工藤 かずや/画:浦沢 直樹)
通常版:第8巻:第1話「聖者現る」

 

でした。

MASTERキートンやYAWARA!、MONSTERで有名な浦沢直樹先生の、かなーり初期の作品ですね。

 

主人公の豪士が、銃器を持った追っ手に対し、倉庫内を小麦粉で満たしておき、追っ手が銃を撃った瞬間の火花で大爆発!
というシーンがあります。

 

今となってはメジャーなネタになりつつありますが、
そりゃもう、昔は、「なにこれマジでスゴイんですけどぉ!」となったもんです。

 

実際には、そこまで簡単に爆発するものではないようですが、

 

・可燃性の粉塵が大量(延焼が起こるくらいの高密度が必要)に舞っている
・酸素がある
・粉塵と酸素のバランスが規定値
・ある程度、閉鎖的な空間

 

この条件さえ揃えば、小麦粉でなくても、着火と同時に次々と超高速度の延焼が連鎖的に起こるため、
結果的に、それは爆発となります。

 

いや、けっこう、かなーり、難度高い条件ですけども。

 

漫画の中では、敵を倒すために用いられる手段なんですが、
これ、良く考えてみると、けっこう危ないな、と思うワケですよ。
もう少し現実的に考えた場合、
銃を持った敵に追われる、とかまずないワケですが、
気を付けるべきは、そこではないワケですよ。

 

あり得るとしたら、そう、

 

トンネルとか、そういう場所で岩盤崩落の大事故に遭遇してしまいーの、
当然のように小麦粉を積んだトラックがいてーの、
その積み荷がぶちまけられて飛散するーの、
でもそれには気付かず暗闇の恐怖に耐え切れずーの、
明かりの代わりにライターで火を点ける。

からの~……

 

あるわー、これはあるわー。

 

ちなみに。
この粉塵爆発が出てくる漫画はかなーりありまして、

 

鋼の錬金術師
バキ
黒執事
ゴルゴ13
AMRS

 

ちょっと考えただけでも、かなーりあります。
映画やドラマ、アニメ、小説も含めると、なかなかの粉塵爆発率。
そもそも、MASTERキートンでもあったような?

かなーりあるんですが、その条件下だとちょっと無理じゃない?
的なものも、かなーりあります。
しかしそんなことは言ってはいけないのが漫画なんです。
それはそれ、これはこれ、なんです。

懐かしさと共に読み返しながら、探してみるのも面白いかもしれませんね!

 

POINT サバイバルポイント

閉鎖空間で何かがモワモワしてたら火花は散らすな

この記事を書いた人

ワセリン

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る