携帯浄水『ライフストロー』で手軽に安全な水を確保

この記事を読む所要時間 : 約2分  サバイバル度 :

ちわっ! さばい部のツナカンです。

水って大切だっていう話は何度もしてきています。過去コラムを見ても水についてのコラムが結構あります。

食料は何日か口にしなくても大丈夫ですが水は生命線だということです!

そんなツナカンは日々水確保の知識やアイテムにアンテナをはっているのですが、またしても便利アイテムを発見しました!

 

本日ご紹介するのは 『ライフストロー』 です。

 

その名の通り、ストロー型の浄水機能をもったもので携帯にも便利です。

 

定価 : 4200円(税抜き)
【仕様】
・ろ過素材:ポリサルフォン多孔質中空糸膜(孔径0.2ミクロン)
・水媒介性細菌の99.9999%を除去(6N)
・水生原虫及び寄生虫除去率99.9%
・本体、マウスピース素材:ABS樹脂
・ワンタッチキャップ素材:ポリエチレン
・ろ過能力:約1,000L
・サイズ:長さ/22.5cm、直径/φ25mm
・重量:56g(乾燥重量)
・原産国:韓国

 

と、価格も手軽で携帯しやすいのが特徴です。

さらに!

ライフストローGO !

中に水を入れて浄水しながら飲めます。

価格も 6500円(税抜き) とこちらもそこまで高くありません。 670mlの水をためれるので使い勝手はよいかもしれませんね!

 

さてさて、どんな使い方をされているのかというと、

 

・トレッキングなどで山の水を飲むことができて安心して使えて便利。
・中国の汚染水が心配だったので重宝しています。
・海外旅行で水質が心配だったので携帯できて重宝しました。

 

どうしても災害時やサバイバルにという印象がありましたが、日常でも結構使う機会はありそうです。

ただし!使える使えないももちろんあるようです。

下記注意点を知っておきましょう。

 

■使用できない水
・魚等の生物が生息していない沢水、河川水、湖沼池水
・生活排水、工場排水、農薬、除草剤等が流れ込んでいる恐れのある河川水、湖沼池水
・劇薬物、有機溶剤、有機金属などが溶け込んでいる恐れのある水
・その他、海水、ウイルス などの有害物質を含む恐れのある水など

 

■ろ過できるもの
・サルモネラ菌
・カンピロバクター菌
・大腸菌  (O157:1×2μm)
・コレラ菌 (0.3×2μm)
・緑膿菌
・赤痢菌  (0.5×1-3μm)
・ランブル鞭毛虫(「ビーバー熱」)
・クリプトスポリジウム・パルバム(3~8μm)
・赤痢アメーバ

 

生物が生息していない水・・・汚染が激しいということでしょうか?

科学物質、ウィルスは防げないってことですね。

まぁそれでも有事の際は役に立つ商品ですね。

雨水だったり池や川の水などにも使えるという事です!!!

 

水の大切さは過去コラムにも書きましたが、大切な事をもう一度。

成人が一日に必要な水分摂取量は 約2.5リットル!

脱水症状が原因で大変な事にもなりかねんませんので水の確保はしっかり行っておく必要がありますね。

これからもちょいちょい便利アイテムご紹介していきますね。

 

ではではよい週末を!ツナカンでした。 あでゅ~

POINT サバイバルポイント

いざという時に持っているかどうかが便利アイテムの重要ポイント!携帯できるものが大切だ。

Written by: ツナカン

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る