耐刃リュックで安全な旅を!『Bobby』でスタイリッシュに防犯対策

この記事を読む所要時間 : 約2分  サバイバル度 :

まいどぉ~ さばい部のツナカンです。

海外旅行慣れしていないツナカンはカバンのさげかたを結構注意されるんですね。

肩掛けのショルダーを観光用に使う事がおおいのですが、普通にカバンを方からかけたスタイルっていうとこんな感じで普段は使うんですが・・・

海外いくと、カバンは前にしなっていわれるんですよね。

しかし、日本にいるときにカバンをこうやってする習慣がない!そしてなんかカッコよくない?

ついつい後ろにまわしてしまうのですが・・・

やっぱり海外はスリの被害が多い!

ちょっと調べてみました。

海外旅行でスリにあいやすい都市~~~

・バルセロナ(スペイン)

・マドリッド(スペイン)

・ローマ(イタリア)

・フィレンツェ(イタリア)

・プラハ(チェコ)

・パリ(フランス)

・ブエノスアイレス(アルゼンチン)

・アムステルダム(オランダ)

・アテネ(ギリシア)

・ハノイ(ベトナム)

有名観光都市ばっかりですね。

 

手口を見てみましょう。

・人混みですれ違いざまやぶつかった拍子に財布を抜き取られるなど。

・地下鉄など立ち止まる場所で堂々と抜き取り。

・リュックなど背中にあるカバンをそっと開け抜き取る

・刃物でカバンを切り中の財布を抜き取る

など、映画の中の話ではなく実際にスリ被害にあった友人知人も多いのではないか?と思います。

そこで!

目をつけられないのが一番ではありますが、安心してもってあるけるカバンのご紹介。

これ!優れもの。

まずは耐刃素材で出来ているため、そう簡単には切れないので刃物でカバンを切られて中身をとられる心配はありません。

次に、カバンをあける口ですがどこにあるかというと・・・

ジッパーも隠してある上に後ろが開く構造になっています。考えられているのは小物を入れるポケット部分。

小物入れも背中にあったりと防犯対策ばっちり!とはいっても不便を感じないようにショルダーストラップにも小物の隠しポケットがあったりと利便性もかんがえられています。

 

スリ被害にあわないためにはとにかく警戒心と対策です!

お尻のポケットに直接財布を入れるなんて言語道断ですよ!

そしてもし被害にあった時の為にお金はなるべく沢山持ち歩かない事。 支払いの時も紙幣を沢山もっていることがわからないようにすることが大切です。目を付けられてしまいます。

カバンを開けっ放しにしたり、リュックのようにカバンを後ろに背負うようなタイプは特に気を付ける必要があります。

 

パスポートや旅の資金を取られたら楽しい旅も辛い記憶と面倒な手続きや対応に追われて観光どころじゃなくなってしまいます。

治安のいい日本とは違うんだ!ということをしっかり頭に入れて楽しい旅をしましょう。

被害者の8割は日本人男性らしいですよ。 俺は男だし平気っていう慢心が被害にあうカモらしいです。

みなさん気を付けましょうね!

 

今回ご紹介したリュック

Bobbyは一般販売 3月より開始らしいです!

 

クラウドファンディングで先行的にGETした人もいらっしゃるかと思いますが、これからの旅のお供にいかがでしょう?

 

春先の旅行用にツナカンも購入しようかな~

ではでは、ツナカンでした! あでゅ~

POINT サバイバルポイント

海外のスリ被害の大半は日本人男性。 もっと警戒して旅を楽しもう!

カバンは絶対後ろにしない。これ鉄則。

Written by: ツナカン

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る