映画『トランスポーター』を観て”ルールを破るとろくな事がない”を予習する

この記事を読む所要時間 : 約6分  サバイバル度 :

どもー さばい部のツナカンです。

本日はアクション映画大好きツナカンが好きな映画の1つトランスポーターを教材にルールを破っちゃダメだよ。っていうことを学びたいと思います。

結構テレビでも放映されているので見た事ある人は多いかもしれませんが、いつも通り簡単に映画紹介をしましょう。

 

映画 : トランスポーター  2002年 フランス、アメリカ映画
監督 : ルイ・レテリエ 、 コリー・ユン
主演 : ジェイソン・ステイサム 、 スー・チー 、 フランソワ・ベルレアン etc・・・
【ストーリー】
プロの運び屋であるフランク(ジェイソン・ステイサム)はいつも通り依頼を受ける。 いつも通り荷物を運ぶ途中で車のタイヤがパンクしてしまう。タイヤ交換のために荷物のあるトランクを開けると、荷物である大きなボストンバックが動いている。 フランクの運び屋としての絶対といえるルールがある。そのルールの1つ“荷物を絶対開けるな”を破ってしまうフランク。 トランクには中国人の女性が入れられていたのだった。 トイレに行きたいと懇願するライ(スー・チー)をしょうがなく、トイレにいかせ飲み物を与え依頼通りに届ける。 届け先で新たな依頼を受け了承したフランク。しかしそれは罠だった。 車は時限爆弾で爆破されてしまうのだが、たまたま車を降りて休憩中だったフランクは九死に一生を得る。 車を爆破され殺されそうになったフランクは復讐をするために依頼主の家に乗り込むもボスは不在。 車庫にあった車(メルセデスベンツS500L)でその場を去ったフランクだが、その車には届け物であったライが隠れていた。 ライを置き去りにしようとしたができず自宅に連れ帰るフランク。 ライの父親と依頼主であるマフィアのボスは人身売買をしている悪党だった。人身売買を阻止したいとフランクに頼み込むライ。戸惑いながらもフランクはライを信じるのだが、相手はマフィア。 自宅に襲撃を受けまたしても殺されそうになる。 人身売買を阻止するためにフランクは立ち上がるのだった。

 

この映画のどこがツナカン的に好きかというと、やっぱりアクションですが、プラスして車のチョイスですかね。トランスポーターの映画は1~3まで公開されていますが、一番初めのスポンサーはBMWだったんでしょう。 トランスポーター2以降は敵の車にBMWは登場しますがAudiに変わっています。

で、何がチョイスなのかというとBMW735i(E38)というどちらかというと自分で運転する車ではなく、人を載せるための車なのですがマニュアル仕様なんですよね。

BMW-M※画像はMスポーツのものです。

BMWのマニュアルといったら、Mシリーズ?と思うのですが735iでマニュアルか!とちょっと拘りを感じたツナカンはもう車の登場シーンだけですでに魅了されておりました。

ちなみに!さっきから 735i やら Mシリーズ やら出てきていますが簡単にご説明しますね。(知っている人には当たり前の内容です)

 

誰でもわかるBMWのグレードの見分け方

一番簡単なのはエンブレムから読み取ることです。前述した735iを例に見てみましょう。

735

トランクを見ると数字が書いてありますね。たまぁ~に自分で数字を変えてしまう人がいますが、表示を信じるとして話を進めましょう。

BMWには一定のルールがあります。トヨタのように車種に名前がありません。 クラウン、カローラ、プリウスといった呼び名がなくシリーズ名が車種になっています。基本3桁の数字になっていて頭の数字がシリーズ名いわば車種になります。今回の例でいうと、735iなので7シリーズということです。残りの2桁はなにか?というと排気量を表示しています。735iは7シリーズの3500ccの車ということですね。

BMWのシリーズは結構沢山あって数字のシリーズだと1~7があります。各シリーズの中にワゴンタイプやクーペ、セダンなどがありますのでまたちょっとややこしいですが、ざっくりここで判断してください。絶対ではありませんが頭の数字の数が大きいほど価格も上がってくるイメージです。グレード等で全然ちがいますけどね。

BMW1シリーズ
BMW1
BMW2シリーズ
BMW2BMW2

BMW3シリーズ
BMW3BMW3W

BMW4シリーズ
BMW4
BMW5シリーズ
BMW5BMW5W
BMW6シリーズ
BMW6
BMW7シリーズ
BMW7

さらにSUVのXシリーズがX1、X3、X4、X5、X6とありこちらも数字が大きくなるほど大型で高価になっていく感じです。 ん?X2だけが抜けている・・・実はまだ発売されていません。もうすぐ発売するんじゃないか?とは言われていますが。数字が抜けていると気持ち悪いですね。

X1
X1
X3
X3※今年発売の新型
X5
X5
X6
X6

さらに!さらに! i シリーズ とういのが電気自動車、ハイブリットスポーツカーとして出ています。
i3とi8の2種類です。 この2車種は近未来カーの雰囲気バリバリです。

i3
i3
i8

i8

i8欲しい~~ 実物見た事ありますが、めちゃくちゃ未来カーって感じです。

と!BMWの車種をざっと紹介しましたが、これでBMWマスターってくらいの感じです。7割は上記をしっているだけで問題ないと思いますよ。

最後にBMWには Mスポーツ というものがあります。 最近ではM performance というものもあるようです。
MスポーツはBMWの車体をベースに子会社のM社がチューニングした車でエンジンの設計、ブレーキ、足回りから全て別物といっていいほどのスペックになっているスポーツ仕様です。パワーから、操作性までまったく別の車といっていいほどの違いがあります。価格もグンっと上がります。 最近になってM performanceという位置づけのグレードが出てきているようですが、こちららはMスポーツと通常車の中間くらいの位置付けのカスタムになっているとのことです。
あとは、有名なところだとAlpina(アルピナ)、AC  SCHNITZER(シュニッツァー)といったカスタムメーカーがありその仕様にしている車がありますのでそういった車はエンブレムをALPINAだったり SCHNITERにしたりしています。

どうです!もうBMWはお腹いっぱいでしょう。

しかしツナカンのBMW愛はまだ止められないよ!

BMWはもともと飛行機のエンジン製造会社として設立されています。 ツナカンも知り合いの自動車屋からエンジンのBMWという言い方を聞かされていました。 乗ってみると確かにいい感じのフィーリングなんですよ。 BMWのエンジンの感じ大好きです。

 

さーて特盛で脱線させていただきましたが、本日はそんなBMW735iのマニュアルモデルを運び屋の車としてつかっている映画トランスポーターから、ルールを破るとろくなことがないぞ!を振り返りましょう。

ようやく映画の内容に触れるのですが、トランスポーターの主人公であるフランクは寡黙な男で、軍隊上がりの猛者です。まさにジェイソン・ステイサム適役! 映画が好評だったのでTVシリーズもやっています。主人公フランク役はまた別の役者さんになっていますが、こちらも面白いので見てみてください。

さて、その寡黙な男フランクは運び屋として鉄のルールを持っています。そのルールはたった3つ。

1:契約厳守
最初の契約と当日内容が違うだけで仕事をしないと言います。映画の冒頭でそういったシーンから始まりますのでいかに契約厳守なのか?を見てください。

 

2:依頼者の名前は聞かない
厄介ごとに巻き込まれたくないからでしょうか?こちらも絶対聞こうとはしません。

 

3:依頼品を開けない(中を見ない)
仕事は依頼された物(人)を決められた時間、場所に届けるだけ。

この3つ鉄のルールとしてプロの運び屋をしているのですが、ストーリー説明にもあったように、タイヤ交換するときにルールを破って依頼品を開けてしまうのです・・・

 

これが原因で?依頼主に殺されそうになったフランク。

プロとしてのルールは絶対にまもらなくてはいけないですね。 なんのためにルールがあるのかというとそれが信頼に繋がるかと思います。でも映画を見ていてちょっと疑問なのは、依頼品を開けないを破ってしまったフランクですが、依頼品を開けていなくても車を爆破されていたのでは?という疑問が。
届けた直後にすぐに次の依頼という風に依頼を受けそれが爆弾でした。 この時に依頼品を見たかどうか?なんて確証ないはずなんですよね~

ルールは破っちゃだめだよ。というほかにもう一つ教訓を加えたいと思います。

危ない仕事は常に命がけ

あとは、ツナカンも常々気を付けているのはオイシイ話には必ず裏があると思って生きています。儲け話とか結構転がっているんですがちゃんと調べてくださいね。騙されてからでは遅いので。

と!いうことで、今日の教訓!

ルールは守る & 危ない仕事はしない

の2つです。

みなさん週の真ん中水曜日!今週も残り半分です!

今日も頑張ってお仕事しましょう!

ではでは、ツナカンでした。 あでゅ~

POINT サバイバルポイント

ルールを破ってしまうと時には人生(命)に係わることがあるかも?

この記事を書いた人

ツナカン

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る