映画『オール・イズ・ユー・ニード・キル』で事前準備を学ぶ

この記事を読む所要時間 : 約2分  サバイバル度 :

ワナッカム!さばい部のツナカンです。

もし、死んでも死なない無敵状態になったとしたら

どれだけのことが出来るようになるでしょう?

そこで!今日は映画「オール・ユー・イズ・ニード・キル」から学ぶ

死ぬ気になればなんでもできるんじゃないか?的な事を学びます。

まず映画の紹介をしましょう。

2014年に作家・桜坂洋さんのライトノベルを、トム・クルーズ主演で

映画化したSFアクション映画です。

ツナカンは映画を観る時、結構役者つながりで見ることが多いです。

お気に入りのアクターは・・・

「トムクルーズ」「ビンディーゼル」「ジェイソンステイサム」「ニコラスケイジ」

とまぁベタなところなんですが、この作品はまさにトム様主演!

観るしかない!しかもSFアクションの戦争?映画。 ドストライクです。

ここからは少しネタバレ

ある事をきっかけにトムクルーズは死んでも必ず戻る

過去ポイントができてしまいます。

いわばセーブポイント!死んでもやり直せるという無敵状態です。

無敵

しかも!何がすごい事かというと記憶がある状態で過去に戻ります。

と、いうことはどういうことか?次に起こる事がどんなことが起こるのか?

全てわかっている状態になります。(死んでしまったポイントまでは)

対策を練って、考えて、準備してその戦いに勝つために何度も死んで、

何度も試して、そしてクリアできるようになっていくという難易度の高い

ゲームを繰り返しチャレンジしている感覚になっていきます。

特にそう感じるシーンは本部に潜入するシーンがあります。

警備の兵とすれ違うパターン、タイミングを覚えて部屋に身を隠したり

後ろを向いたり、通行人に重なったりしながら中枢まで行くシーンが

なにかゲームをしている感覚に似たものを感じました。

ゲーム中

そして!この映画を観ていてツナカンは思いました。

これでもか!?っていうほどの準備と訓練、そして死ぬ気で臨むことが

出来れば目標達成は出来る!

そうなんです!クリアできるんです。

最近徹底的に準備して何かに臨んだことありますか?

死ぬ気でチャレンジしたことありますか?

人生戦いの連続です。

いかに勝っていけるかで人生がかわってきます。

一番最初の戦い・・・

・幼稚園(保育園)のお遊戯会の配役
演技や表現力に磨きをかけて最高の配役を勝ち取れ!
ちなみにツナカンは幼稚園のお遊戯会では草の役でした。

このように皆さんも常に戦いの連続です。(だったはずです)

受験、部活、会社(内・外)と様々なシーンで戦ってきたんです。

戦ってきていたことに気が付いていたか、早くに気付き準備してきた人は

生き残る強さ、術、環境を有利にしてこれている確率が高いですね!

しかーーーし!このコラムを読んだあなたはラッキーです。

自分のこれからを死ぬ気で考えて、準備し努力することで強く生き抜く事が

出来るかもしれません。 かもしれません。 多分できます。 うん、多分。

ということで、ツナカンも強く生き抜く為の死ぬ気で準備とチャレンジをする!

と決めたのでした。 よぉぉぉ~~~しっ!

明日から 頑張るぞ。 ← これね。

ツナカンでした☆彡 ばぁ~い

POINT サバイバルポイント

事前準備と努力で人生の勝算は大きく上がる

Written by: ツナカン

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る