ゲーム『レインボーシックスベガス』をプレイして生き残れ

この記事を読む所要時間 : 約4分  サバイバル度 :

コマンタレブー さばい部のツナカンです☆

最近スマホアプリでゲームをする人が増えているので家庭用ハードで

ゲームをするってことが減ってきているんじゃないでしょうか?

ツナカンも昔と比べてゲームしなくなってきましたが!そんなツナカンが

ちょっとハマったのが『レインボーシックスベガス』シリーズです。

レインボーシックスベガスは2007年にXBox360で発売されて後に

PS3版にもなりました。

タイトルの通りラスベガスを舞台にした特殊部隊アクションゲームです。

PS3で1と2をやったのですが部隊を率いながら制圧していくあの感じ!

たまらん!

普段サバゲではあんまり隠れないツナカンです。

なぜか? 撃ってきてくれたほうが敵の居場所がわかるのでワザと遠巻きに

撃たせて相手の場所を把握してから一気に動き始めるのですが・・・

あぁ戦場ってスナイパーいるよね。

つまりツナカンは戦場では即死なのです。

ゲームをやっていてもその傾向は強くでてしまうようで、不用意に覗き込んだり、

体がはみ出ているのでヘッドショットくらって死にます。

えぇ そりゃもう死にまくりです。

実際の戦場でそんな事できるわけないですし、精神状態を普通に保っている事が

本当にすごい事だと思うのですが、実際に遊びのサバイバルゲームでも

激しい撃ち合いになるとその場から動けない状態になります。

初めて参加した人の多くは、あの独特の緊張感、殺気のある空間を感じ取って

一回隠れたところからほとんど動けない人も多いです。(もちろん例外も沢山!)

 

そんな非日常の空間を味わえるなんてこと早々ありませんよね?

サバイバルゲームで疑似体験を!と言いたいところですが早々参加するぞ!

っていうノリで初めて行く人も少ないと思うので、いくつか疑似体験できるゲームソフト

はあるかと思いますが、まずはレインボーシックスベガスを紹介しました。

 

どういうところが危険なのか? こんな動きをしたらいけないのか?

これを知っているのと知らないのでは生存率あがると思いませんか?

ピンチの時ほど冷静に。

目を凝らせ!耳を澄ませ!5感を研ぎ澄ませ!

です。

素早く対処する、動く必要はあるかと思いますが常に頭は冷静にいる事。

パニックになった人から死んでいきます。

 

ツナカンがレインボーシックスベガスをやっていて一番緊張?というか息をのむ瞬間は

ドアの向こうに敵がいるであろう場所に到達したときです。

仲間数人でドアの前に立ち(定位置につき)、いざ突入!のこのタイミングがなかなかです。

まず一人だったら無理なんじゃないか?と思いつつもドアを開けた瞬間に突入&射撃です。

敵のみならいいんですが、捕虜がいたり、人質がいたり。

この場合当然のことながら情報とタイミングが生死を分けます。

 

・敵の位置を把握

・敵の人数の把握

・敵の装備を知る

・捕虜や人質の有無を知る

・逃走経路の確保 or 制圧後の防御を視野にいれる

 

最後はゲームでは必要ないですが、実際は必ず追撃や追手がきます。

なかなかこんな場面に日常生活で出くわすことはないです。

ちなみにサバゲでも建物の中に立て籠もられたときが本当に厄介です。

必ずといっていいほど誰かはやられます。

だいたい先発隊ですね。ドア開けて最初に飛び込む数人は待ちかまえられていたら

ほぼやられますがその隙に次の部隊で倒すという流れですが、実戦だったら

先発隊やれますか?

現在の世界情勢は一触即発の雰囲気がプンプンしています。

こんなゲームの世界をリアルに日々やっている国もあるんでしょう。

そんな非現実の世界に放り込まれたときでも、対処できるようにシュミレーションを

しておくと良いですね。

 

いいですか、ありえない事は急におこるものです。

災害、戦争など、こんなはずじゃなかった。 まさかこんなことが?

誰も予想していない事は突然やってきます。

今の日常は一瞬にして脆く崩れたりするものです。

と!いうことで大切な人を守るためにも、ちょっとした経験をしておきましょう。

なのでゲームですよ!ゲーム!

ちなみにレインボーシックスベガス1・2はPS3で。

最新作はPS4から『レインボーシックス シージ』です。

わりとガチンコでFPSゲームをつくってきたなーと言った感じです。

レインボーシックスシージ

オンラインでの5対5がとても楽しそう!このゲームで敵はどこからくるのか?

連携ってどうやってとるのか?なんて遊びながら知れたらいいですね。

ちょっと難度は高そうです。 ツナカンもPS4欲しくなってきた~~~

 

そして本番なんて無理なんですから。 ちょっと興味をもっていただけたら是非サバイバルゲーム

の世界に一歩足を踏み入れてみてください。 楽しいですよ。

 

経験をしておく事の大切さは他の何においても同じだと思います。

予測が出来る。 これはとても大切な事なんです。

 

さて、仕事をこれ以上サボると怒られる! そう!これも経験上どれぐらいが

サボっているのか休憩なのか?の判断しずらいギリギリの境界線。

これも何度も怒られて経験してきたツナカンだからこその技です。

経験って大切ですね☆

それでは午後のお仕事も頑張ります。 ツナカンでした~ アデュ~

 

※1 FPSとは

ファーストパーソン・シューター(英:First Person shooter、略称FPS)とは、主にシューティングゲームの一種で、

主人公の本人(第一者)視点(FPSまたはFPV)でゲーム中の世界・空間を任意で移動でき、

武器もしくは素手などを用いて戦うアクションゲームのスタイルを指す。

POINT サバイバルポイント

無知は罪とはよく言ったもの。何事も経験(疑似でも)をして予測を立てて生き延びろ!

Written by: ツナカン

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る