ゲーム『龍が如く』をプレイしてチンピラ・不良から絡まれた時の対処を学ぶ

この記事を読む所要時間 : 約2分  サバイバル度 :

シン・チャオ!さばい部のツナカンです。

昨晩酔っ払いのサラリーマンが交差点で不機嫌丸出しで大声で

怒鳴り散らしている現場に遭遇しました。

というか真横にいました。 (´Д`)

あ、このパターン面倒臭い事になるかも。と思いましたがセーフ。

平和な夜を取り戻したツナカンです。

さてさて、いまとなってはあまり『絡まれる』なんてことは少なく

なってきているのでは?と思うのですが皆さんどうでしょう?

最近絡まれてますかー?

ウニャーーーー
絡まれる

ツナカンが直近で絡まれた記憶・・・1年くらい前かな。

電車で酔っ払いに絡まれました。 しかも!モテモテのツナカンは

女子2人を連れていたのでいいところ見せようと、次の駅で降りろ。

なーんてカッコいい台詞を言ってしまったのですよ。

しかーし!結局は駅出てすぐの交番のお世話になってしまったので

事なきを得たんですが、物騒な世の中ですからね!カッコつけても

刃物でサクッとなんてことはありえるわけでちょっと反省しました!

え?あんまり絡まれない?

そういう人はめちゃくちゃ絡まれまくるゲームをご紹介しましょう!

タイトルにあるとおり 『龍が如く』 シリーズがなんといっても

普通に歩いているだけで絡まれまくりです。

舞台は新宿。ストーリーは極道の世界を描いたもので、かなりの

シリーズ化されています。

ちなみに!番外編として「宮本武蔵編」「新選組編」「ゾンビ版」とあります。

システムがいっしょなので絡まれるという意味では一緒です※ゾンビはちょっと違う

さてさて、龍が如くから何を学ぶか?それは絡まれるのはほぼほぼ見た目で

わかります! 普通に街には人であふれているのですが、チンピラは格好が

もうアレな感じです。 極道さんは黒服でガタイがよいのですぐにわかります。

実際にそんな人はこの現代すくないでしょうが、すくなくとも見た目で近づかない

ほうがいいだろう人はわかりますよね?

常に気をはってください!まちがっても歩いていてぶつかってはいけません。

バトルが始まります。

そしてもう1つ! 声を掛けられたら逃げるんです。

「あ~んさん」(訳すと おい、そこのお兄さん) の声掛けのあと逃げないと

そのままバトル開始です。

武道、体力、喧嘩に自信のある人はバトっても可です。が、ツナカンは責任持ちません。

オススメはツナカンお得意の 「逃げる」 1択です!

そう!ゲーム龍が如くでもバトルがめんどい、ツライ時は走って逃げるんですよ!!!

体の中のあのボタンを力いっぱい押せ!B ダァァァァァッシュ!!!

シマウマ逃げる

あ、このままでは、また逃げろになってしまうま。

ゲームではバトルしまくってレベルあげてくださいね。

現実世界では・・・

今日は逃げろではありませんよ。そんな毎回同じこと言うわけないじゃないですか。

 

危なそうな人には近づくな。

更に!

危なそうな街には行くな。

 

はい!基本中の基本。小さい時に親に教わりましたよね。

繁華街には一人で行くな。夜は出歩くな。って。

こういう事なんですね。

あ、ツナカンは夜行性なので夜の街大好きです。

あ!こういう時のために万が一の時のために自分を鍛えておこう。

こっちのコラムも是非見てください。

筋肉は誰かを守る鎧なんですよ!コラム【筋肉は世界を救う】

 

今日の夜はどこに遊びにいこかなぁ ツナカンでした☆彡

 

POINT サバイバルポイント

危険な人・場所には近づかないのが一番安全!

Written by: ツナカン

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る