仮想通貨の波に呑まれるな!素人が失敗しないための教訓を学ぶ

この記事を読む所要時間 : 約12分  サバイバル度 :

あけおめ!!ことよろ!さいば部のツナカンです!

ツナカンファンの皆さんお久しブリーフ!

ツナカンは元気してました。皆さんはインフルエンザとか大丈夫ですか?

さてさて、昨年あたりからテレビCMのせいで頭の中をあるフレーズがぐるぐるぐるぐる

やられていたわけですが・・・

「〇ットフライヤー ビッ〇フライヤー ビット〇ライヤー ビットフ〇イヤー」

なんやねん!成海璃子さん!その軽快な音楽は!そして一体なんなんだよ!ビットフライ〇ー

 

さらには、出川哲郎さんが出演中のコ〇ンチョイスのCM

兄さん知らないんだ!って何がいいのか答えを言ってくれよ!!!

 

そうなんです。急激に仮想通貨を売買できる取引所のCMが増えたと思いませんか?

 

ツナカンの知識では 仮想通貨 = ビットコイン(Bitcoin) という認識でしかなかったのですが現在確認できるだけでも

仮想通貨の数は2018年1月現在で約1500種類と言われています。

すでに仮想通貨投資をしている人からすると今更何言ってるんだよ。の内容かと思うのですが

仮想通貨そのものが多くの人にはまだなじみがなく、そして投資先としてビットコインのイメージが強いため

不安面(盗難?事件等がありました)や、価格面で投資できず躊躇していた、もしくは興味がまったくない。

こんな状況だったかと思います。

かくいうツナカンも仮想通貨なんて危なっかしいし自分はやらない!と思っていたのですが。。。

 

きっかけは些細な事

それはとある年末の日、義理の弟と話をしていると、兄さん仮想通貨やってる?と切り出しました。

義理の弟は友人に勧められ仮想通貨デビューしたということで、話を聞いてみると・・・

あれ? なかなか面白そうだぞ。

これが最初の印象でした。

その時紹介された仮想通貨が XRP(リップル)という通貨でした。

12月の初旬XRP(リップル)の1コインの価格は20円ほどでした。義理の弟が始めたときはすでに70円になり・・・

私がチャートを見てみたときには140円ほどに上昇していたんです。

 

そして!!!ツナカンのプライベートが12月めちゃくちゃ多忙で年末まで落ち着く日がなくようやく、年が明けそろそろ

始めようかなと思った時にはすでに1XRPの価格が400円に!!!

えぇぇぇぇ

 

の、乗り遅れた・・・

 

が!しかし! 仮にもIT企業戦士を名乗るツナカン!

高いからといって経験しないのもよくない。

ちょっとやってみようかな。ということで仮想通貨デビューです。

 

手順その1 : 取引所の口座開設をしよう!

仮想通貨を始めるにはいくつかある取引所に登録し口座開設する必要があります。

登録自体は簡単で数分で終わります。

だいたい共通して言えるのは、本人確認のため身分証明書を提示(撮影)する必要がありますので

免許証等を用意する必要があります。

取引所に関しては沢山あり、ネットで調べると色々出てきますが個人的オススメをいくつか紹介しておきます。

 

ツナカンが最初に登録したのは

コインチェック(coincheck)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

なぜコインチェックにしたかというと、初心者にはとっても見やすいインターフェースとアプリがとても見やすく、また扱っている

コインの数も14種類と豊富だったこともあります。

色々調べた結果がコインチェックでスタートすることでした。

デメリットが1つ。 手数料がちょっと高めですが! コインチェックさんは万が一コイン等が盗難?にあってもしっかりと第二認証まで終えて自己セキュリティを張っていれば100万円まで保証をしてくれるのでとても安心して使えます!

なによりも見やすくてわかりやすいというのがとてもいいですね。

 

そして1つではなく2~3登録しておいたほうがよいという記事をいくつか目にしたので、オススメの物をあと3つほど登録しました。

 

Zaif(ザイフ)

こちらはなんといっても手数料が安い!というか手数料がマイナス。

え?マイナス? 本人確認まで完璧に終わった人のみですが、取引すればするほどお得というのが特徴ですね。

人気の通貨XEM(ネム)に投資するのであればZaifが良いかもしれません。手数料が安く済みます。

あと地味に活躍しそうなサービスとして銀行口座から希望の金額を自動で引き落とし積み立てする

「Zaifコイン積み立て」というサービスがありいちいち取引所で手続きせずコインをコツコツと購入し

積み立てられるというサービスです。 もしかすると価値があがってコツコツ貯めていた積み立てが大きな複利を得ているかもしれませんね。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

そう!成海璃子さんのCMでツナカンの頭の中をジャックしたのがこのビットフライヤー。

こちらは日本で一番の歴史がありますので安心度が高いです。

ビットフライヤーは資本力が高いため様々なキャンペーンなどをやっていますのでこちらも使いやすく便利かと思います。

スマホアプリも見やすいです。現在取り扱いコインは6種類です。

 

さてさて、仮想通貨を始めるにはまずは面倒くさいなんて言わずに登録すること!ここがスタートラインです。

 

ちなみに取引が出来るようになるまでは本人確認が承認されてからになります。

通常で2~3営業日くらいで開始できるのですが、今現在仮想通貨投資に注目があつまっているのか、CM効果なのか知り合いは

約一週間かかりましたので、ご興味あればお早めに登録だけでもしてみてください。

 

 

仮想通貨に投資してみよう!

初心者がやってしまうかもしれないミスをいくつかあげます。実際ツナカンもやってしまいました。。。

おすすめであげさせてもらったコインチェック(coincheck)をツナカンは使っているのですが、取引できるようになったのが嬉しくて

早く仮想通貨を持って見たくて、取引開始が夜だったのもあり・・・

クレジットカード決済で仮想通貨を購入しました。

はい!これ! 手数料が高いです。

通常の取引所の手数料に加え、カード決済の手数料が乗った形でコイン(仮想通貨)を購入することになります。

具体的にどれくらいなのかなーということで質問してみました。

 

A:クレジットカードの手数料は何%と決まった値があるのではなく、その時のレートと売り注文の量を基に算出されています。

カードにて購入する際は、通常の取引手数料に加え、カード決済システムの利用手数料が発生いたします。

クレジットカード決済のページには「クレジットカード決済の手数料が表示価格に含まれている」ことを明記されていますので、ご同意いただいたうえでご購入下さい。

 

これね、まぁそこまで高くないだろうなっておもっていたのですが、このちょっとしたレートアップがジワリジワリと聞いてきているのが今のツナカンです。

 

おすすめは、急がないのであれば銀行振り込み。 これが一番手数料が少ないです。

お急ぎや24時間365日対応できてうれしいのがコンビニ決済orクイックペイです。

手数料は下記です。ツナカンもコンビニ決済を主に利用しています。

756円(3万円未満)
1,000円(3~50万円)
入金金額×0.108%+486円(50万円以上)

 

一番最初の仮想通貨投資こそクレジットカードではじめてしまったわけですが、そこは教訓として学びました。

学びって重要ですね。

しかし!カード払いをしてもいい瞬間というのもあります。

例えば・・・

今この瞬間でどうしても投資したい通貨があるとき。 コンビニまで行き、現金を入金する時間すらないときやその時の相場をどうしても逃したくない!

そんな瞬間があるかと思います。 その時はすぐに決済できるクレジットカードで投資するのも1つの手段だと思ってください。

タイミングを逃すと10分後にはもう相場がうなぎ上りに。なんてことは実はあり得るんです。

 

と、いうことで教訓その1! 手数料をしっかり理解して投資すること! 焦らずいきましょう。

 

 

次に初心者がやりがちなミス! 相場が上がっている時には基本的に手は出さない。

これは、一概には言えませんが仮想通貨を始める人って投資初心者も多いんじゃないかと思います。

ツナカンもその1人です。しかも初めての仮想通貨。

周囲の声を聞くと、何倍になったよ! 初期投資〇〇円が今はこんなに!とはぶりのよい話を聞いて始める人もいると思います。

そこがすでに罠なんです。 相場が上がってきていると、このまま上がり続けるんじゃないか?と焦ってしまい、ついつい相場の高いところでコインに投資してしまいがち。

高掴みと言われる状態で、そのままロケットのように昇りあがる通貨もあるかもしれませんが、基本的にはあるところで止まり、そこからはまた落ちます。

実際ツナカンが購入したタイミングは相場がMAXまで行きその後下降している途中でした。

をを!安くなっている! なんていうタイミングでしたので勝手に自分基準をもうけてそこの相場まできたら投資しようとしたのですがその判断はちょっと早かった。

実際ツナカンが投資した時よりも今現在は相場は20%ほど落ちています。つまり投資金額も20%減っているという事です。

 

と、いうことで教訓その2! 上がっている途中の仮想通貨への投資は慎重に!

 

 

そして仮想通貨に関する色々な情報が流れています。その中でも売り、買いを促進させて自分たちの都合がいいように素人を陥れるようなガセ情報があったり、いろんな情報があります。

そこで〇〇がいいと言っている。いい情報を見た。そこに投資する。 と情報だけを鵜呑みにしないこと!

自分が納得いくまで調べて必ず自己責任でやる事です。

たまーに見かけるのがある有名な投資家与〇翼さんを信じたのに騙されたとか言っているツイートを目にすることがありますが、〇沢翼さんも言っていますが自分で調べて自己責任でやってね。というのが一番です。 他責にするなんてもってのほか! すべては自己責任で。

 

と、いうことで教訓その3! しっかりと下調べをして投資しよう!すべての責任は己にあり!

 

 

最後に2017年は仮想通貨元年といってもいいほど初期に始めていた人が俗にいう「億り人」(少額の投資で億の利益を得た人)が誕生した年でした。

2018年はその情報をもとに億り人にあこがれて投資を始める人がCMや口コミ、メディアでの取り上げ、仮想通貨そのものの盛り上がりで増えると思います。

そんな中、ぼくら普通の投資化でもない人達がやってはいけない事はただ1つ。

無理をしないこと

借金してまでやってはダメです。

あくまでも余裕がある余剰金で行うべき。

忘れているかもしれませんが、投資です。増える事もあれば減る事も当然あります。

無理はしないでやりましょう!

 

さてツナカンの仮想通貨ライフは下記な感じで始まっています。

 

一番最初に購入したのは義理の弟から情報をもらった通貨

XRP(リップル)という通貨です。

・XRP(リップル)

仮想通貨リップルはビットコイン(Bitcoin)と同じ仮想通貨ですが仮想通貨XRPという通貨を使って、いろいろな通貨と直接取引ができるという通貨になります。

Googleが出資したことで知名度は大きく上がり期待値も高くなりました。

またXRP(リップル)の特徴は下記

  • 銀行間取引で従来より迅速かつ安い手数料での送金が可能。
  • 決済のシステムがビットコインより早く数秒で完結する。

この特徴を世界中の銀行が注目し採用すると言われています。

国内では、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行などの大手金融機関がRipple/XRP(リップル)の採用を表明している注目の通貨です。

またつい最近では米決済サービス大手のマネーグラム(本社・テキサス州ダラス)との新たな提携を発表しました。

マネーグラム社は国際的送金ネットワークのサービスを行なっている会社でニューヨーク証券取引所に上場しているいます。世界約200カ国・地域に23万拠点のネットワークを有している国際的送金ネットワーク会社です。

提携先やこれからの期待値が非常に高くツナカンも注目している通貨です。

色々調べた結果、将来性が高そうということで最初の投資通貨はXRP(リップル)にしました。

※余談までに注意! コインチェックの通貨一覧にREP(Augur)という通貨があります。REPと書いてあるのでリップルと間違えて投資する人がいるっていうのですが・・・ツナカン的には信じられないのですが実際いるらしいです!ちなみにREP(Augur)はXRP(リップル)の50倍ほどの単位となっていますので気を付けてくださいね。(参考例 XRP220円 PEP11700円)

 

次にツナカンが投資してみたのがXEM(ネム)です。

・XEM(ネム)

「NEM」はもともと「New Economy Movement」(新しい経済運動)の略でちょっと特殊な仮想通貨といえます。

ざっくりとした特徴は下記

・仮想通貨XEMではビットコインのように「採掘(マイニング)」ではなく「収穫(ハーべスティング)」と呼ばれる

・「ハーべスティング」は「マイニング」と異なり、PoIという方法で冨に偏りが生じないよう工夫されている

・セキュリティが高い

もっといろいろあるのですが難しすぎてツナカンには説明できませんw 皆さんで調べてみてください!

そして!将来性を語る上で、欠かせないのが、mijin というブロックチェーンの技術です。

多くの企業が注目をし導入をし、導入の申込企業は既に 403 社を超えている現状でビットコインブロックチェーン技術をベースにして

安全性、スピード、コストダウンを目指し開発された技術だそうです!

そしてXEMに投資した理由は上記ともう1つ、これからやってくるであろうシステムのアップデートです。

XEMの情報を調べているとカタパルトというワードがよく見られます。

はて?カタパルトって何だろう?カタパルトは大型のアップデートのことです。

Catapult(カタパルト)によって、情報処理速度が格段に向上することで、汎用性が高まり、価格向上に繋がるのではと期待されています。

このカタパルトの実装がされるとまたXEMの評価が上がるという将来性に投資をしているわけです。

 

と、初心者に投資しやすい代名詞の2銘柄からスタートした仮想通貨デビュー!

ちょっとした浮気心からもう1銘柄投資してみました。

 

・LISK(リスク)

マイクロソフトと提携した仮想通貨だという1点の情報だけで将来性を信じてちょこっとだけ投資してみました!

ちなみに英語で危険を意味するRiskとは違いますので、危ない通貨!と思わないように。

 

 

仮想通貨を始めてみたツナカンの感想は以下です。

 

・投資をすることで世界経済に今まで以上に敏感になった。

・色々な情報収集をするようになってきた。

・経済や株価などにも今まで以上に興味ともっと勉強しようという意欲がわいた。

 

という経済や社会情勢、世界の出来事に今まで以上に興味をもつという利点を見出しました。

 

デメリットが1つ。

 

初心者にありがちなチャート(相場)が気になるのでチョイチョイ携帯を見るようになり家族との会話が減りつつあるw

 

これもどこかの誰かが書いてましたが!実際ツナカンもそうでした。

ちなみにツナカンの奥様も一緒に仮想通貨デビューしたのですが、奥様はあんまりチャート見ません。

もともとこういうのが好きか嫌いかなんでしょうね~

 

なんにしても無理をしない程度にやってみる事をおすすめします!

肩入れするわけではなく、登録した取引所をすべて使ってみた結果いまのところ一番見ているのがこの2つ。

 

コインチェック(coincheck)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

やっぱりアプリが使いやすいというのはスマホ時代とてもいいですね。

ツナカンが登録した取引所は実は増えに増えて上記以外だと下記です。

Zaif(ザイフ)

・DMM Bitcoin(ディエムエムビットコイン)

・Binance(バイナンス)

・POLONIEX(ポロニエックス)

の計6つです。

・Binance(バイナンス)

・POLONIEX(ポロニエックス)

は海外の取引所ですので、ご利用には十分気を付けてご利用してくださいね!

まだまだこれからの通貨を発掘したくて始めたのですが初心者のツナカンはまずは今あるものでとも思いつつ登録だけはしておいていつでも領域を広げられるようにしてあります。

 

 

時代の流れについていくというのはある意味文化や、今までやってきた事の脱却が含まれ否定的な面も多く出てくると思いますが新しい事を知る、体験するのはとてもいいことだとツナカンは感じています。

今回は仮想通貨という投資も含めた現状ですがいずれこの仮想通貨の利用が当然の世の中になった時にこの始まりのタイミングに参加していた意味は大きいかなと思っています。

 

たまには真面目にコラム書いてみたツナカンですが、みなさん!ハマりすぎないようにね。

 

ではでは、超久々のコラムになりましたが皆さん今年もよろしくお願いします。

今年は昨年全然いけなかったサバゲも楽しみたいと思っているのでまたフィールドレビュー等やっていきたいと思います!(暖かくなってきたらね)

 

ではでは、ツナカンでした☆彡

あでゅ~

POINT サバイバルポイント

仮想通貨時代到来!時代に乗り遅れるな!ただし正しい情報と冷静な判断。

自分の出来る範囲でやらないと失敗するから気を付けろ!

でもやっておいたほうがいいかもね。

Written by: ツナカン

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る