2017東京モーターショーに行ってみた

この記事を読む所要時間 : 約5分  サバイバル度 :

どもーーー 皆さんご無沙汰! さばい部のツナカンです☆

すっごいご無沙汰で恐縮です。 仕事が盛りだくさんで記事書けずでした!

そんな中ツナカンは東京は有明で開催されている

2017東京モーターショー

へ行ってきました!

平日に行ってきたのですが、正直平日だしそんなに混んでないだろうと・・・

すいません!舐めてました!お昼12時頃に行ったのですが既に駐車場は臨時駐車場も満車。

ツナカンはとっておきの臨時駐車場を見つけて何とか滑り込めたのでセーフ!!!

 

さて、ツナカンは今回とても楽しみにしていた車があります。

TOYOTAのスープラです。

今回の東京モーターショーで出展するという噂でしたが結局スープラは出展されず肩透かしを

くらった感はありましたがもう1台見ておきたかったのが来年夏に出る予定の新型クラウンです。

ということで、TOYOTAブースに真っ先にGOです。

TOYOTAブースに行く前にVOLVOのブースがありCX60に乗ってみました。

やっぱりいい車はいい! なんでも欲しくなっちゃいます。

TOYOTAの手前がダイハツで、横眼で車を眺めながら目指すはTOYOTA!

いきなりコンセプトスポーツーカーの展示からスタートです。

あくまでも個人的な感想ですよ? こ、これはカッコよくないな・・・

最近のトヨタのデザインはちょっとどうかなぁ?と思います。それにしてもこれは・・・

こんな未来カーもあったわけですが、この辺になってくると車好きなツナカンにしてみると

楽しみもワクワクもなく移動手段でしかないんだろうなと思うところです。

ようやく目的の新型クラウンに。人だかりが凄くて写真をとるのも一苦労。

なかなかまとまってていい感じかな?ベンツとレクサスを足したような外装にも見えます。

これで燃費がリッター30KMをハイブリット車は達成しているそうなんでいいかもしれない!

ノーマル状態で4本出しのマフラーが標準なのであればなかなかスポーティですね。

 

この時点で人混みで疲れていたツナカンはだいぶ満足でしたが、ひとまず気になる車を見に行ってきました。

目指すはポルシェブース!

途中トラックゾーンに入ってしまい、ここじゃない!と思いつつも昔積載車に乗っていたツナカンは懐かしくもあり、

ついついトラックも物色。

なんていうか今のトラックのコックピットってかっこいいね!これならドライバーしててもいいかもしれないな。

 

ポルシェブースに行く途中、目を引いたのがラグジュアリー感をビンビンに放っていたアウディーブース。

これ未来のアウディのコックピットらしいですが、戦闘機みたいじゃないですか!

ハンドルは確かに円じゃなくてもいいかもしれない。そして助手席?センターコンソール?のトレーには液相と

スタートボタンとなにやらモニターには色々な情報が出されていました。

これは近い将来有り得そうな設計ですね。ワクワクです。

目の前にはツナカンが欲しくても手が届かないR8がお出迎えしてくれました。

1台はオープンカーにしたい!と常々思っているツナカン。

でもきっと都内では空気悪いし、喘息のツナカンはオープンにする事なんてないんだろう。

というか買えないんだけどね。

これ、ベンツブースにあったSMARTの未来カー。グリル部分?に液晶画面があって文字で「お先にどうぞ」とか出る。

これはこれで便利だ!!!飛び石とか食らっても平気なのかな?と思いながらヘッドライトも表情を作っていたので

動画撮影してしまった。

この後ろにあったのが、メルセデスベンツ マイバッハ

この辺になってくると自分で運転するというよりは後部座席でふんぞり返る用かな。

ちょうど写真撮っている時に後ろにいた女子3人組がこんなことを言っていた。

「こんな車乗っている人を捕まえれたら最高なんだけどなぁ どっかにいないかな?」

やはり、お金か。 頑張って働こうと拳を握ったツナカンでした。

目的のポルシェブースにはなかなかたどり着かないツナカン。なぜなら目を引く車が沢山あるから。

そういえば、Gクラスで赤って見た事ないかもしれない。赤いベンツは割とある。

赤のS、CLも見た事ないかも。 Gの赤なかなかいい。

 

ようやくベンツゾーンの引力から抜けたツナカンはポルシェゾーン!にと思いきや

レクサスLSを見に来てしまった。 乗り込むことができたのだが既に行列ができていて断念。

いいさ!レクサスに試乗しにいってやる。(そんな勇気はないが)

LSコンセプトなるもが展示されていたんだけど、サイドミラーが棒じゃん。

カメラなんだろうけど、うっかり当てたら折れそうで怖い。

カメラがついているんだからすれ違いざまに下手くそに当てられたり止めていて歩行者にやられたりしても

高額な修理代が待っていそうな予感が。。。これなら飛び出さないデザインにしてほしいなぁ

 

そしてようやくポルシェに到着したツナカン。

待ち受けていたのはド派手なスクリーンの画像演出。

写真じゃわからないだろうけど、光や音、ドライアイスなどを駆使した演出がなかなかでした。

ちょうと始まる頃についたので人だかりが凄くて立って見ているのにガンガン押されまくる。

そんな人混みを耐え抜いたツナカンはようやく写真を撮る事に成功。

パナメーラハイブリッド

いいねぇ~ 欲しいのはパナメーラではなくカレラGT3なんだけど。

そう!こっちです。

10年以上前の事。欲しい物や達成したい事を100個書け!と言われたことがあります。

その中の1つがポルシェカレラGT3でした。

人生100の達成をするために必要は1ピースはコイツです。

今となってはGT3じゃなくても全然OK。 むしろ718の感じも好きなんで手が届くかも?

 

いやぁ!満足満足!と思っていた時にふとマツダのブースによってみたツナカン。

ここで次の車こっちじゃないのか?と思えるほど進化していたマツダ車を発見。

どの車よりも多く写真をとっていた自分がいました。

写真じゃ伝わらないかもしれないけど、かなり前回りがイカツイ。サメのような、アストンマーチンのような。

これいいなぁ~ と思ってみていたらその横にあったのがこれ。

いいじゃない! なにこれ! GT3じゃなくていいんじゃない?!?!

マツダのこれからの車チェックすることにします。

スープラをGETしたいとおもっていたツナカンですが、実際のスープラが市販ベースでどんなモデルに

落ち着くのか次第ではスルーですな。

 

そして大満足のツナカンは東京モーターショーを2時間というダッシュで閲覧して仕事に戻ったのでした。

 

そして番外編!

三菱ブース

中国に出張行った時にずっと不思議に思っていたんだけど、三菱のディーラーがやたらと急斜面に

車を展示しているんですよ。

あれ?中国で流行っているのかな?と思っていたんだけど今回のモーターショーでも三菱だけ

急斜面に車を配置していて個人的にツボったワンシーン。

 

どんな道でも走れまっせ!アピール何だろうか・・・

 

車の未来はどんなになるのかなー? 走らせる楽しさと、安全性、通信、色々かわってくるんだろう。

しっかしタイヤがなくなる車が出てくるのはいったいいつごろになるんだろうね?

 

突然だけどみなさん、煽り運転とかには気を付けましょう!

車の外には出ない!ドアをロックして開けれないようにする!

ドライブレコーダーは必須です。証拠として提出できるようにしよう。

前後につけるのを推奨します。

 

安全で楽しいカーライフを♪

 

ではでは、ツナカンでした☆彡

あでゅ~

POINT サバイバルポイント

東京モーターショー2017は平日でも大混雑。新しい技術、未来の車はドライバーも同乗者もワクワクさせるぞ

Written by: ツナカン

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る