マンガ『シティーハンター』から高精度の銃「ワンオブサウザンド」は実在するのか?を考える

この記事を読む所要時間 : 約4分  サバイバル度 :

ちわー さばい部のツナカンです。

最近サバイバルゲームに行くと、電動ガンが主流なのでツナカンの大好きな

ハンドガンの出番が少ないのですが・・・

もはや持っていく事での満足感。 そしてシューティングレンジで試し打ちをする満足感。

これだけのためにハンドガンを実際のゲームでは役に立たないとわかっていても、

準備して持って行ってます。

しかし!前回いったサバイバルゲームは久々の屋内。

人数が少なかったのもあって電動ガンもフルオート禁止でゲームしてみたり、

久々のハンドガンバトルを楽しんだのですが、気が付いた事が。

ツナカンの持っていたベレッタ(ノーマル)とワセリンが持っていたベレッタ(ノーマル)で

集弾性能が違うのです。メーカーも購入時期も一緒。

target01

そんな会話でふと思い出したのがシティーハンターです。
※シティハンター 作者:北条司  出版社:集英社 週刊少年ジャンプ(1985~1991年連載)
単行本(JC) 全35巻

シティハンター単行本4巻の37話「ワン・オブ・サウザンドの巻」に出てくるこの精度の高い銃!

そう今日のテーマはこの「ワンオブサウザンド」です。

ワンオブサウザンドとはいったいなんでしょう?

機械的に量産される銃には極々稀に奇跡的な完成度(精度)をもった銃が作り出されることがあると言われています。

まさに1000丁に1丁できるかできないか?の銃。 それがワンオブサウザンドです。

は?そんなアホなことあるか?ということで、実際の銃でこんなことがあるのか?を考えてみました。

 

まず、漫画『シティーハンター』のシーンを思い出してみましょう。

ものすごい厳重なセキュリティを破る為に50Mの距離から銃弾をピンホールショットしなくてはいけないというシーン。

ピンホールショット? 漫画では、標的のど真ん中にまず1発目を命中させ、2発目は1発目で開けた穴に銃弾を通す。

という神業をやっちゃうシーン!これはシティーハンターの主人公である冴羽獠の腕ももちろんなんですが銃も

大切だよ。という話です。

実際には 腕+銃+弾丸 この3つが全部そろってないと不可能です。

主人公の冴羽獠の愛銃はコルトパイソン357マグナムなのですが、この話ではS&W 41マグナムモデル58を使いました。

sw41%e3%83%9e%e3%82%b0%e3%83%8a%e3%83%a058

そう!これがワンオブサウザンドということですね。

では実際にワンオブサウザンドは実在するのでしょうか?

実際にこれがワンオブサウザンドだ!というものはなかなか世の中に出回っていないのと、比較して初めてわかる事もあるため気が付かずに使っている事もあるようです。

さらに銃は打つたびに消耗していきます。撃てば撃つほどフレームにガタが出てきますし、銃身は焼損&磨耗します。

リボルバーであれば、シリンダーギャップからの吹き戻しでヨークも傷ついていき、精度が落ちていきます。

漫画を見ているとしょっちゅう銃をばらしてケアをしているシーンがありますがしっかりケアをする必要もあり、さらに日常的に使っている銃ではやはり摩耗していくのだと思います。

なので漫画ではS&W41マグナムは普段から使わずここぞという時のために消耗を控えていたのかな?と想像ができるんです。

こう考えるとコルトパイソン357マグナムしか使わないとされている冴羽獠がこの銃を使ったのも納得なのです。

 

では、今回のツナカンとワセリンのベレッタは?なぜに?!?「ワンオブサウザンド」というにはちょっと言い過ぎですが、同じ製品でも実際に精度が非常に高い銃があるのも事実のようです。

たとえそれが本物の銃でも、エアガンでも精度の違いはあると言われています。

精度はどうやって計るんでしょうか?

実際の銃(ハンドガン)の場合はハンドガンを固定し、25ヤード(22.86M)離れたペーパーターゲットを撃ち、着弾点から弾のバラつきを見る方法が一般的ぽいです。

この時着弾点のズレが直径2インチ(5.08cm)以内に収まっていれば、まぁまぁの精度と言えるそうです。

しかし!中にはこの集弾性が約ハーフインチ(1.27cm)という精度の銃が同じ銃でも存在するのです。

特に何も手を加えているわけではないのですがこういった事があるのは事実。

つまりワンオブサウザンドは存在する。 ということでいいでしょう。

漫画ほどのピンホールショットはまぁ無理でしょうが。

この現象ホビー銃でもあると言われています。

そして!実銃でリボルバーとオートマチックの2種類のうちあなたはどちらを使いますか?

%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%b3

 

%e3%83%99%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%bf

不思議に思った事ある人いるかもしれません。

リボルバーは装弾数5~6発、オートマチックは9~15発と断然オートマチックのほうが有利!

何よりも替えマガジンがあれば弾の入れ替えが楽!

答えはリボルバーのほうが命中精度が高いといわれています。

オートマチックは集弾性が3インチ以上になるなんていうのは普通の事らしいですよ。

精度を求めるならリボルバー! 装弾数と取り回しを考えたらオートマチックです。

 

もうひとつちなみに!バイオハザードの主人公が使っている銃もディレクターズカットでは

ワンオブサウザンドのM92Fですよ!

 

さてさて結論としてワンオブサウザンドの銃ですよー といった具合で売られているものは

ほとんどないということですが、実際には銃で差はあるということですね。

ツナカン、ワセリンの間でもあるということは同じ銃でも精度の違いはある!

皆さんがお持ちのハンドガンの精度はいかがでしょう?

たまにはシューティングレンジで的をうつのもいいですよ。

正確なシューティングを楽しみつつ精度の高い愛銃をGETするのもいいですね☆

 

ではでは、ツナカンでした。 あでゅ~

POINT サバイバルポイント

漫画の中の話だけではない!同じ製品でも精度の差は確実に存在する。

そう!それが「ワンオブサウザンド」

最高の相棒を手にして戦場を生き残れ。

Written by: ツナカン

ページの先頭へ戻る

一覧へ戻る